ITEM

2014年6月14日

梅雨にヘアスタイルを維持する方法・ヘアアイテム

梅雨の季節は髪が広がりやすくなる方も多いです。その原因の大半は水分量。

広がりやすい髪の水分量はそうでない人と比べ、「水分量が均一になっていない」事が多く、水分を含む所と乾いてしまっている所で「差」が生まれます。

髪の収縮率も変わって来るので毛先だけ広がるなどヘアスタイルが崩れたりまとまらなかったりします。

ではどうしたらそれを防ぐ事が出来るでしょう?

対策の考え方としては「水分・油分のバランスを均一に保つ」事が上げられます。ではどうやって水分・油分のバランスを保つか?

「シャンプー・トリートメント・髪の化粧水・洗い流さないトリートメント・ドライヤー」を適切に選択する事で髪の内部・表面のバランスは改善されます。

シャンプーはやはり洗浄力の弱い物を選択する事が重要です。

_M9Q5173-Edit jpeg
56shopでは「ニュートリシオンシャンプー」をお勧めしています。

理由は低刺激で必要以上に油分を取りすぎず、「プラセンタ・ヘマチン・CMC」がバランス良く配合されていますので、髪の内部原因により広がる方、パーマ・カラーなどで髪の損傷がある方には特にオススメです。

梅雨時期のトリートメントに関しては56hairで沢山の方に施術させて頂いておりますが、「シリコン系」の重さの出る物をCMCと併用して行く。
液晶構造やカチオン化を利用し髪の芯を感じる様に絡ませて行く方法を取ると広がりにくくなる結果が出ています。

ただこれを自宅でやるには膨大なコストがかかるため、やはりアイテム数を絞りたいですね。

12121131_50c7ec7d13b9b
56hair店内では沢山の梅雨時期に対応出来るトリートメントがありますが、自宅でできる簡単なものなら「ハホニコ」製品が「ザラメ・キラメ」「クレドヌーボートリートメント」辺りが効果を実感出来るかも知れません。56hairでも幅広い悩みに対応出来るトリートメントを現在開発中です。

髪の化粧水とは内部補修を目的とした物です。洗い流さないトリートメントでもあり、肌に付ける化粧水の概念を髪に反映したものと言っていいでしょう。

シリコンなど感触剤は含まない物が多く、洗い流さないトリートメント(質感系)との併用で効果を実感出来る物です。

こちらの「髪の化粧水」を毎日使っていると、「髪の痛みを止める」事が出来ると言われています。

実感は少ないのですが「痛みを止めて水分量などのバランスを保てる」ので是非使用してみて下さい。

洗い流さないトリートメントはドライヤーの熱から守ったり、サラサラ感を出したり出来る優れた製品です。56shopでオススメは「濃蜜油水」56hairでは「Ritaオイル」「ケラセレブRico」などをオススメしております。

ドライヤーは使い方によっては髪を傷める原因になってしますのですが、こちらも56shopで取り扱っている「赤外線+マイナスイオン」の低電磁波ドライヤーシャンプー+トリートメントでのカチオン化を赤外線とマイナスイオンで効果的に促進させ、くせ毛の人程効果が実感出来るドライヤーとなっております。

56hairではソリスドライヤー、ハホニコドライヤーなども扱っておりますのでTEL044-434-9226までお問い合わせ下さい。

「シャンプー・トリートメント・髪の化粧水・洗い流さないトリートメント・ドライヤー」このすべてを適切に行えば梅雨時期のくせ毛はかなり改善すると思います。是非実践してみて下さい。

「ストレートパーマ」「デジタルパーマ」などをかければスタイルを維持出来るかもしれませんが、痛みは伴います。

Pocket


56hair、56shopから美容情報や美容アイテムなどお得な情報をお届けしております。
メールマガジン登録は無料です。

フォームから登録

メールアドレスを入力してご登録ください。
 

空メール登録

メールアドレスがわからない方は以下をクリックし、そのままメールを送信ください。
空メール登録

Recent Entries

Categories

CAMPAIGN

ITEM

NEWS

面貸し・独立加盟制度

PAGE TOP