NEWS

2015年6月14日

髪の痛みが「治る」の基準と追求すること。トリートメントの在り方。

最高峰トリートメントset向河原・武蔵小杉美容院56hair

縮毛矯正・デジタルパーマ・ヘアカラーなど髪の痛みを伴う施術をすると

「髪が傷む」。

これは当然です。当然なのですが少しでも「現状より良い状態にする事」、

「現状よりよく見せること」を追求することが大切だと日々思っております。

例えばニュートリシオンnanoEL30ウォーターセラムに入っている「ポリクオタニウム−33」。

キューティクルの様なものを作ってくれるのですが、髪自らが生成したものではないです。

例えば縮毛矯正などで激しく傷んだ髪という状態はキューティクルが剥離したりします。

ザラザラしたりするんですね。

んで56shopのnanoEL30ウォーターセラムを使用するとその傷んだキューティクルが乾かすことによってサラサラ、すべすべしてきたりします。

これは傷んだ髪が本来持っているものではないですが、付けて乾かしたりすると「健康な時の髪に戻った質感になる」。

トリートメントの必要性は毛髪内部ももちろんそうですが、

「見た目のサラサラ感」「手触りの良さ」「毛髪改善を促す」などその方々の考えによって大きく変わってきます。

56shopのニュートリシオンnanoEL30ウォーターセラムはγ-ドコサラクトンやヴィノベール・キトサン・ケラチンが製品全体の30%配合でノンシリコン。髪の痛みや髪のうねりヘアオイルだけの質感では満足できない方には大変好評いただいております。

個人的にはシリコンを悪いとは思っていません。あれでしか出せない質感があると思うからです。

ただ、経験上毎日シリコンのインバス(お風呂で使うような洗い流すタイプ)のトリートメントを使い続けると「メタッ」とした質感になることがあります。

このニュートリシオンnanoEL30ウォーターセラムはアウトバス(お風呂上がりなど流さないタイプ)トリートメントでインバスと同じような、もしくはそれ以上の質感を出すために開発しております。そしてその「メタッ」とした感覚が出ないようにシリコンを使用せず「補修」(より質感がよくなるという意味でも)できる可能性のある毛髪成分と相性の良いγ-ドコサラクトンやヴィノベール・リピュジュア・キトサン・ケラチンをふんだんに使い、結果、美容院の高級補修剤としても耐えうる内容になっていると思います。

質感を感じれるトリートメントには価値が有る。

「本来の、もしくはそれ以上のこうなりたいと言う質感」を出すトリートメント。

髪の「良い状態」の基準はそれぞれあると思います。nanoEL30ウォーターセラム。

少しでも良い状態を目指す方に是非お使いいただけると嬉しいです。

最高峰トリートメントset向河原・武蔵小杉美容院56hair

Pocket


56hair、56shopから美容情報や美容アイテムなどお得な情報をお届けしております。
メールマガジン登録は無料です。

フォームから登録

メールアドレスを入力してご登録ください。
 

空メール登録

メールアドレスがわからない方は以下をクリックし、そのままメールを送信ください。
空メール登録

Recent Entries

Categories

CAMPAIGN

ITEM

NEWS

面貸し・独立加盟制度

PAGE TOP