NEWS

2015年11月20日

縮毛矯正・パーマとヘアカラー施術の間隔を空けた方が良いですか?メール質問。

縮毛矯正やパーマをして、その後白髪染めなどのヘアカラーをしたい方は多いです。時間があれば基本的に一週間〜20日くらい開けて施術する事が望ましいと思いますが、お忙しい方など同時にやりたい方へはマニキュアなどの施術をお勧めする事があります。縮毛矯正とヘアカラーを同時にして髪がビビったりした経験は個人的にはありませんが、毛髪状況によりそのようになってしまう事も考えられますので、慎重にメニューを選択する必要があります。

マニキュアは「アルカリ」を使用しないので薬剤による髪の痛みがほとんどありません。ストレートパーマやヘアカラーなどはアルカリを使用して発色・クセを取るなどの作用がある薬です。もし同時施術をしたければ慎重に選択をしていきましょう。また、すでに髪の痛みが出てしまっている方は補修という考え方を一度変えて、「見た目を良くする」という考え方にシフトしても良いのではないでしょうか?ビビリ毛を治すのは大変困難です。キューティクルを擬似的に作れたり、毛髪の「強化」を行える可能性のあるヘアトリートメントなどを使用しても良いかもしれません。良くなった・良くなっていないという基準は人それぞれです。サラサラ感などを出したければ56shopではニュートリシオンプレミアム3SETをお勧めしております。

Pocket


56hair、56shopから美容情報や美容アイテムなどお得な情報をお届けしております。
メールマガジン登録は無料です。

フォームから登録

メールアドレスを入力してご登録ください。
 

空メール登録

メールアドレスがわからない方は以下をクリックし、そのままメールを送信ください。
空メール登録

Recent Entries

Categories

CAMPAIGN

ITEM

NEWS

訪問出張美容・イベント

面貸し・独立加盟制度

PAGE TOP